最近の投稿

会社設立時の通帳

会社設立の際の通帳コピーについて

会社設立の際に通帳のコピーをしなければいけませんがどの部分をコピーすればいいのでしょうか。コピーする場所は3箇所です。表紙の普通預金・貯蓄預金 名前が入っている表紙部分を1部コピーします。次に開き1ページ目の口座番号と発起人の名前、銀行の名前、支店が書いてある部分がありますがこちらをコピーします。

そして3箇所目は払込金、つまり会社設立の資本金の振込みに関して記載されているページを開きます。この際の年月日は会社設立の定款の認証日以降の日付になっていることを確認し、払い込み人の記載があるか確かめ、預かり金額である払込金の振込みに関しての記載に下線をつける、またはマーカーをつけるなどします。この部分のコピーをとることになります。コピーをとる部分は確認できたと思いますが資本金を口座に払い込むことについて少し見ていきます。

資本金払い込みは具体的には発起人名義の口座を用意する必要があります。これは普通の個人口座でいいですが通帳がなければいけませんので、通帳が発行されないようなネットバンキングは避けましょう。以前は郵便貯金は使えなかったのですが、ゆうちょ銀行になってからは利用可能となりました。そして、お金を口座に入金します。出資する人それぞれから出資額を振りこんでもらうことになるのですが発起人が出資する人全員からお金を集めてそれをまとめて振り込みという形ではなく預かり金ということでお金を入金したとしても会社設立手続きにおいては特に問題とはなりません。

このときの注意点ですが入金は定款の認証が終わってからにしなければいけないということです。順番が逆になった場合には会社の規定に反することになりますので注意しましょう。そして入金が終わってから最初に説明をした通帳記帳後のコピーです。通帳の入金日の日付というのはこれから先とても重要になりますので確認が必要です。コピーが取れれば払い込み証明書の作成をします。払い込み証明書は発起人が会社に対して払い込みを確かに行ったという証明になります。おkの払込証明書を表紙にしたうえで先ほどとったコピーもホチキスなどで閉じてそれぞれのページに代表印で契印を押して完成です。内容の中でも特に重要となっている資本金の入金を示している部分は、できれば目立つようにするために線を引いておくといいでしょう。会社設立を依頼しなくてもこの手続きは比較的簡単に誰でも行うことができますので手順に沿って進めます。